リネージュⅡ(テオン) ☆まったり気分でjalan-jalan☆ supika.exblog.jp

リネージュⅡ・テオン滞在日数は長いが…未だにゴニョゴニョ


by supika_bulan
プロフィールを見る
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

まぁ このままで

すっかりリネには幽霊インしかしておりません^^;

今日も夜にチラッとインして、クラメンとチャットして・・・・
そんな些細な事でも気晴らしになります。





金曜日の朝、母がリビングで転倒して左大腿頚頭骨骨折? 何処それ・・・と言われると。。。
骨盤と足をつないでる様なトコ? と言うくらいしか分りません^^;

母は救急車が大嫌いなので、タクシーで行くと言って聞きません。
私が母に肩を貸しても、痛くて動かない足ではどう仕様もありません。
最初は肩で支えると少しは歩けたんです。
時間と共に動かなくなりました。
(この時点では骨折とわからず・・・)

母が観念したので、救急車を呼び乗せると・・・・
案の定、一種の貧血ですね~
血圧の高いはずの人が、最高血圧が86。
救急隊員の人が「顔が青くありません? 血圧も低いですよね?」
(私に確認するなよ・・・)
「救急車が嫌いなだけですよ」(私)
隊員 「なんでですか?」
私 「救急車が嫌いだから、拒絶反応でしょ?」
隊員 「なんで?」
私 「(なんか不毛な会話だと思いつつ)救急車に乗ると言う事は、重症な場合でしょ? だから恐怖心が起こる訳で・・・」
そんな漫才をやってる間に病院到着。
家から近い病院を指定したのでw


病院に着いて検査を一通り終え、移動ベットに横たわる母の隣に行くと・・・
「もう私は死んじゃうのね」

「はい??? お母さん、あなたは骨折しただけですよ?」
母のイメージ(テレビドラマの見すぎの様な木気がします。。。)
救急車で担ぎこまれた患者、取りすがる家族「お母さん、死んじゃダメ!!!」

すみませんねぇ 鬼のように冷静な娘で・・・

その横で医者がいきなり現状報告に入ります。(立ち話で済む事かぃ)
私 「骨折って、大体何処が折れてるんです?」 先ずはそこから説明しようよ。。。
PC画面にレントゲン映像? 最近はこんな画面なんだ。。。
「ここの骨が折れてて、年寄りが転んで一番折れたら大変なトコが折れてて・・・」(なかなかストレートな表現ですね。。。)
しかし、当の本人は会話についてきていないので、会話終了後の母の一言「いつ帰れるの?」。

私 「お母さん、骨が折れてるから手術ですって」
母 「えっっっ?????」
私 「ご本人さまに 手術の承諾を取って下さい」(医者に、本人に納得いくように説明しろって事です)
医者 「手術しなくても治りますよ? でも、骨がくっつくのは何時になるかわかりません。手術すれば翌日から歩く練習に入れます」
私 (マジですか? 翌日歩かせるんだ)「と言う事で、手術して早く家に戻る方がいいよね?」
説明の横から看護婦さんが「入院手続きの書類と・・・」(落ち着かない場所だな。。。)

手続きの書類を持って受付に行き、緊急処置室に戻ると、もう医者はいない。。。
「で、先生の名前は?」と看護婦さんに教えてもらう。
きっと、聞かなかったら退院してもわからないままだろうなw

いや~ 凄い流れ作業だ。。。

ほぼ歩きながら説明されつつ病室へ移動。
私は病室前で待たされ、その間に母は身包み剥がされ固定されてましたww
手早い・・・・
骨がズレるといけないので、足は重りで牽引されるので身動きできないんですね。
その状態に既に機嫌が悪い母。
「痛くて死んじゃう」
私 「痛いのは、生きてる証拠だ。」と荷物の整理。(救急車を呼ぶ前に、一応入院の支度はしておきましたw)

入れ替わり立ち代りの人の出入りとマシンガン・トークに半分切れ掛かった私が「書類にかかれているのでしたら、確認してお届けしますので^^」と追い出し、書類に目を通すと。。。
「お母さん、手術は9日の午後だって」即効ですな。
本人のイメージ
手術 → 骨くっつく → 歩ける → 退院すぐ

「あのね。。。手術して骨がすぐにくっつくのはピチピチの人! 骨が枯れてる人は時間かかります!」

シ~~ン

出たッ! 都合耳
自分に不利かな事に関しては耳が遠くなります。


実家には鳥がいるから面倒見に行かなくては・・・
マンションから荷物移動するのは面倒・・・
しばらくは、実家、病院の掛け持ち生活です~~~
って事で、この先の見通しが立ちません^^;

仕事も切羽詰まってるのがあるのよね~~
連休明けが楽しみだ。。。。。☆ヽ(o_ _)oポテッ
by supika_bulan | 2012-10-06 22:26 | 独り言 | Comments(0)