リネージュⅡ(テオン) ☆まったり気分でjalan-jalan☆ supika.exblog.jp

リネージュⅡ・テオン滞在日数は長いが…未だにゴニョゴニョ


by supika_bulan
プロフィールを見る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

上野をJalan Jalan

日曜日はカラリといい天気。

気温も昨日よりは暖かく、一瞬外出時のコートに迷いましたが。。。。
夜は寒いよね・・・

モコモコと着込んで外出。

やはり、薄いコートにすればよかったかも。。。


外出先はいちょうの葉がパラパラは舞い落ちる 上野。
b0010826_11343088.jpg


明治神宮のいちょうの葉の色より、いくぶん薄い黄色のように思えます。



上野公園は催し物会場として賑わっていました。

今回は北の友人からの頼みごとで、東京都美術館で開催されている『冷泉家・王朝の和歌守展』で販売されいてる幻の香「八千世」が欲しい・・・と頼まれ買いに来ました。
どうやら新聞で見たらしい^^;

手にとってみた感じでは香りはさほど……
横に置いてあった白檀の香の方がはるかに香っていました。。。

しかし、香のお手前で「聴く」と言うくらいですから、ほのかな香りでいいのでしょう。
自分の分もしっかり買いました♪


今でこそ当たり前にコピーがとれますが・・・・藤原定家の時代は写本です。
全ての蔵書が手書きですからね~~~
「源氏物語」「伊勢物語」・・・何回か写本してるそうです^^;
定家自身の日記もありましたが、天気の事も細かく記載されていて 文章を目で追いながら楽しかったです。
現在でも、古来のしきたり通りにお祭りは続いているようですね。
祭壇も再現されていましたが、野菜、織物、糸などが供え物として飾られていました。

和歌は詠むもの、詠うもの・・・らしく、作った作品を詠って披露する事で完結するらしく、その節回しも独特のものがありました。


その後は時間があったので、上野の森美術館の『聖地チベット』を見学。

ん~~~ 本来のチベット仏教に詳しくないのでなんとも。。。
ですが、日常的な仏教が伺える…というよりは、絢爛豪華な仏像や装身具に目を見張る・・・そんな印象でした。
ネパールで見た仏像の方が好きだな~~ (個人的にねw

ただ一つ、目が覚めた一品がありました。
女性の装身具のネックレスに使われていた素材にトルコ石と天珠その他の宝飾石。

天珠の歴史は古く紀元前にまでさかのぼると聞きますが、まさにこれ!
この時代から「お守り」として確実に存在していた事実を目の当たりにしました。
この辺りになると趣味w

出口にあったお店に並ぶ、マニ車、チベタンベル、天珠の数々・・・・
欲しいけど日本じゃ使えない。。。と我慢w

友達のお土産ついでの美術館巡り。
たまにはこんな過ごし方もいいものです♪
by supika_bulan | 2009-12-06 23:26 | 独り言 | Comments(0)